いまさら聞けない!結局、スマートメーターって何!?

電力自由化によってよく耳にするようになったのが「スマートメーター」。

電力会社を切り換えるときに設置するものらしいけれど、なぜ必要なのか、どんな役割を担っているのか、またデメリットはないのかなど、きちんと知っている人は意外と少ないようです。

そこで、いまさら聞けないスマートメーターについて解説しましょう。

スマートメーターで電気が見える!!

スマートメーターなくして電力の自由化はありません。

スマートメーターは電力会社を切り替えるとき必ず設置されますが、電力会社を切り替えなくても、これまで設置されていた旧型の電力メーターの使用期限が来るとスマートメーターに交換されます。

自宅の電力メーターを見ることはなかなかないと思うので、「いつのまにかスマートメーターになっていた」というケースもあるようです。

スマートメーターは、電気の「見える化」を可能にし、節電に大きな効果を発揮します

これまでの電力メーターは、月に1回、検針員が家庭を訪ねて目視で検針することで電気使用量を測っていました。そのため、電気使用量は1ヵ月単位でしか把握できませんでした。

一方のスマートメーターは、単に電気使用量の計測器というだけではなく、双方向通信機能を持った高性能メーターです。

電気使用量は30分単位で自動計測され、その情報はリアルタイムで電力会社に送られます。電力会社はこのデータをもとに、顧客に向けてさまざまなサービスを提供しています。

なかでももっとも節電に役立つのが、家庭の電気使用量をPCやスマートフォンで確認できるサービスです。

電力会社の会員サイトを例にあげてみましょう。東京電力は「でんきの家計簿」、関西電力は「はぴeみる電」、中部電力は「ぐっとずっと。クラブ」です。

節電を心がけるなら、電力会社の会員サイトにはぜひ登録したいもの。基本的に登録料は無料で、便利なサービスを受けることができます。

電気使用量や電気料金を確認できるほか、過去2年間の実績がわかりやすいグラフで表示されるので、節約に向けて傾向と対策を練ることができます。

スマートメーターの設置によって、30分単位の電気使用量が確認できるので、電気を多く使っている時間帯や曜日がわかり、よりお得なプランへの変更も検討しやすくなります。

スマートメーターで盗聴の可能性?

スマートメーターは電気代の節約だけではなく、福祉や介護の分野でも注目されています。

特に期待されているのが、ひとり暮らしの高齢者の見守り支援です。電気使用量をスマートメーターで確認できるので、使用量に異変が見られたときには地域の医療・介護サービスが素早く対応することができます。

超高齢化社会の日本にとって、スマートメーターを活用した見守り支援は大いに期待されるところではないでしょうか。

こう書くと、スマートメーターにはメリットしかないように思えるかもしれません。

ところが、スマートメーター先進国のアメリカでは、スマートメーターに「No!」を突きつける声があがっているというのです。実際にスマートメーターの撤去を求める人も少なくありません。

その理由は、アメリカらしいともいえますが、プライバシーの侵害や盗聴の可能性です。また、電磁波による健康被害の不安、データの正確性への疑問などもあります。

過去にスマートメーターから発火し、火災につながったケースもあるため、スマートメーターへの信頼度は高いとはいえないようです。

日本ではいまのところ、スマートメーターを拒否する声は目立ちませんが、このまま普及が進むと果たしてどうなるのでしょう。リアルタイムで電気使用量を計測されることをプライバシーの侵害だと訴える声は出てくるのでしょうか。

スマートメーターは、2020年までにすべての家庭に設置することが目標とされています。いまのところ電気の「見える化」以外の活用法は具体的に決定していませんが、今後なんらかの動きがありそうですね。


新電力料金シミュレーション

お問合せはこちら