電力の自由化で停電になる可能性はあるのか!?

電力の自由化でいちばん心配なのは「停電になったりしない?」ということでしょう。電気の安定供給は、私たちの生活に欠かせません。

新しい電力会社と契約しても、いままでどおり必要な電気が安定供給され、停電になる恐れはないのでしょうか?

私たちのもとに新電力が届く仕組みを紹介しながら検証してみましょう。

安定供給を守る送電システム!

結論からいうと、電力が自由化されても停電の心配はいりません
その理由は、新電力の供給システムにあります。

電気が私たちのもとに届くまでには、「発電」「送電」「小売」の3つのステップがあります。これまでは、この3つのステップを地域ごとの電力会社がほぼ一括で行っていましたが、2016年4月からは「送電」を除いてさまざまな企業が参入することになります。

私たちのもとに電気を送り届けてくれる「送電」システムはいまと変わりません。

新しい電力会社で作られた電気は、まず東電や関電といった地域の電力会社に送られます。そして、地域の電力会社の送電システムを利用して一般家庭まで送り届けられるのです。

つまり、新規の電力会社と私たちをつなぐのは、これまでと同じ送電システム。電気会社ごとに送電網が作られるわけではないのです。

どの電力会社を利用しても、一般家庭に送られる送電システムは共通のものです。

日本の電気の安定供給は、世界でもトップクラス。それは、電力の自由化以降もなんら変わることはありません。

常時バックアップが停電を防ぐ!

また、電気会社の発電不足に備え、「常時バックアップ」という仕組みがあります。

これは、新規の電力会社の電気供給力が足りなくなったときは、東電や関電といった地域の電力会社がその分の電気を供給するシステムのこと

そのため万が一、契約している電力会社が事故や故障などで電気の供給ができなくなっても、停電になるという心配はありません。

電力会社が潰れたらどうなる?

もうひとつ心配なのが、契約していた電力会社が潰れたらどうなるの?ということ。
その場合でも、電気の供給がストップすることはないので安心してください。

万が一、新規電力会社が潰れた場合、とりあえずの措置として東電や関電など地域の電力会社から電気を供給してもらうことになります

電気料金は、地域の電力会社のプランが適応されます。そのあいだに次の電力会社を決め、契約手続きをすることになります。

たしかに電力の自由化によって、発電の技術や設備が不十分な企業が電気事業に参入する可能性はあります。

しかし、どんな場合でもライフラインである電気の供給がストップすることがないよう体制が整えられています。


新電力料金シミュレーション

お問合せはこちら